美しい脚の形。美しい脚の条件。美脚の作り方と楽しみ方。

美しい脚の形、美しい脚の条件を探る。美脚の作り方、きれいな脚の楽しみ方を、画像や動画で。

美脚になりたい。水泳で美しい脚を作る方法。

美しい脚  Legs
美しい脚は、脚線美という言葉があるように、線の美、つまりはライン。外側の線だ。
それを整えるには、水泳が最高だ。

 

art,Legs,美脚   (68)

 美脚は、遺伝の作用がある。しかし、食生活や運動で、ある程度は変化する。美しい脚には、毎日の運動の過不足や健康状態が、表れている。
 スポーツなら、一番に水泳である。本格的に水泳選手のような練習をする必要はない。クロールやバタ足を一週間に一度でいい。
次には、テニスや自転車が効果がある。
 
 
 
水泳は、脚のための最高の運動。では、具体的にどうするのか。
 
基本はバタ足と呼ばれる泳ぎ方。
手にフロートを持つ。腕をしっかり前に伸ばして、脚だけで25メートル連続走行。膝と膝はくっつくぐらいで、足先はできるだけ伸ばす。
今度は背泳のポジションで、同じくフロートを持った手をしっかり伸ばして25メートル連続走行。体力に合わせて繰り返す。
これだけで美しい脚が保てる、または得ることができるかもしれない。なんと簡単だろうか。 
 
フロートの持ち方は、水の抵抗を大きくするため、水面に対して直角になるように持ちつ。
脚の動きは、足先までまっすぐ伸ばすのは当然として、できるだけ振幅を大きする。これではほとんど前に進まないが、それでいい。前に進むことが目的でなくて、脚に水からの抵抗を、ほどよく与えることが目的だから。
 美しい脚の形 すっきりしたふともも
脚の開脚幅を大きく、振幅もゆっくりとすることによって、気分も楽だし、腰まで気持ちの良い抵抗感が感じられるはず。
 足先を水面に出さないこと、ばちゃばちゃしてはだめ。ほとんど波を立てずに、静かに進んでいる、というのが正しいやり方である。
 この方法が、美脚になるための健康的かつ最高の方法のように思う。
 美しい脚の形
「綺麗な脚づくり」の他にも、体重をしっかり下げたいのなら、クロールなり平泳ぎなりで、25メートル全力走行を最低でも10往復程度は必要。
ただし、体重減少のみを目的とするのなら、水泳は、あまり効果がない。
 

水泳と美しい脚

水泳はなぜ、脚のラインを整えるのだろうか。
他にも脚に良いスポーツはたくさんあるにもかかわらず、水泳だけは極端に効果がある。
適度に細く、適度に太く、しかもすっきりとしたラインができやすい。
たとえば、大腿部裏の微妙なラインは、水泳以外では難しい。
水は抵抗が少ない。その少なさに、脚の筋肉が緩く太る。しかも、全身運動としては非常にきつい運動だから、無駄な脂肪は燃焼される、ということかもしれない。
だからといって、やりすぎは絶対にダメだ。疲れすぎては逆効果だ。
美しい脚は、健康の上に成り立っている。病的な脚は、美ではない。

 

ニーハイ 美しい脚 桜真琴吉祥寺

 

ニーハイ 美しい脚 桜真琴吉祥寺